デュアルクラッチの分解とO/H

ボルボオートマ修理  DCT(デュアルクラッチトランスミッション)修理

立て続けに3台のオートマ修理です。


V60,V70の3台です。すべて6DCTです。


ボルボの場合のオートマの型番呼称はMPS6です。

C1,C2の油圧を監視するセンサーです。


このセンサーが故障するとEGSをあっせんで交換


する必要があります。弊社は海外から取り寄せる


ことも可能です。オイルがびっしりこびりついて


います。やはり、ATオイルの定期的な交換が


必要です。

上のV60はシフトフォークの作動不良です。これは


機械的な故障です。メカトロを交換してもデュアルクラッチ


を交換しても完治しません。AT本体の分解となります。



2番目のV70はデュアルクラッチの焼け付きです。



とにかくATは焦げ臭い状態でした。これもAT分解整備


となります。部品はいつでも入手できます。


メカトロのO/Hが完了しました。


車両に取り付け、試乗してから納車です。


シフトフォーク作動不良のためにギヤをすべて


取り外します。このタイプは手前のベアリングを


取り外さないとケースは取り外せません。


これが大変です。

*トルクコンバーターがないオートマのことです。

デュアルクラッチを取り外すためのツールを作り


ました。これでクラッチを簡単にとり外せます。


ボルボのメカトロです。


2008年以降のボルボのオートマはこの


タイプです。

6DCの場合は6速デュアルクラッチトランスミッションのことです。

このクラッチカバーからオイルが漏れます。これは


漏れが発見されたらすぐに交換しないとクラッチが


クラッチが焼けます。

V70シルバーのデュアルクラッチの焼き付きです。


こうなると車は動きません。ATはかなりの高温に


なったと思います。ATあっせん交換が勧められて


も当然のことと思います。



しかし、弊社はこれをO/Hして修理します。

C1とC2ピストンです。これでクラッチの切り替えを


します。

AT修理リスト

back

料金表は下記までお問い合わせください。

ボルボのオートマは修理はお任せください。お客様のご予算に合わせた方法で修理いたします。

株式会社カーサポートKAWASE AT担当迄 TEL 0748-24-0089 Fax 0748-24-0093

メカトロの分解とO/H