ランチアテージスAT修理

症状 30分走ると停車時に「ガクガクガク」とショックが

出ます。変速は1−5速まで滑らかに入ります。

ブレーキを踏んで停止し、ブレーキを少し離すと

「ガクガク、ガクガク」と振動が出ます。これは

バルブボデイの調整で完治しません。パワー

トレーンに異状があります。

1-2、R用のピストンです。この動きがスムーズで

ないと今回のようなジャダが出ます。

ベアリング等を所定の場所に組み付けます。

ランチアテージスの部品は他と共用できます。

内側にもシールがあります。これも交換します。

バンドブレーキ用のピストンです。オイルシールを

交換し、動きを点検します。

ランチアテージスのオートマのオーバーホールです。

順番に点検しながらパワートレーンを取外します。

走行はまだ2万キロ台ですので中は綺麗です。

株式会社カーサポートKAWASE TEL 0748-24-0089 AT担当迄

エンジンミッションを取外します。非常に大掛かりな

作業になります。

自作の部品です。

シールを交換します。

4−5速のクラッチ(C3)を組み込みます。バンド

ブレーキとのクリアランスに注意します。必要で

あればロッドを交換します。

かなり大きなエンジンミッションです。フォークリフト

があるので、楽に下ろすことができます。ATジャッキ

ーであればNGです。

修理完了後、試乗しましたがジャダはなくなっ

ていました。ほっとしますね。

クラッチ板を交換します。スチールプレートも交換です。

クリアランスに注意していきます。

後はATを取外します。

ランチアテージスのオートマ修理は下記までお問合せください。点検後、段階的な修理をご提案します

他の事例: ランチアテージスその2

ドライブシャフトから異音が出ていました。

分解するとベアリングが1個外れていました。

ビックリしますね。

ドライブシャフトアッセンは110000円ほど

しますので、修理で済ませました。19000円です。

ジーゼルエンジンです。

事例その3

back